相川音頭Aikawa_ondo
音が出ないときは押してください!
さてもーげんーじイの
 そのいーきおーオいはーーハイハイハイかぜにーうそーぶウく
 もうこオのごーオとくーーハイハイハイくもをーのぞーめエる
 ひりゅうウにひーイとしーーハイハイハイてんまーきじーんも
 おそれーエをなーーしてーハイハイハイ
あおぎーうやーまアう
 だいしょーうんーぐんはーーハイハイハイあかじーにしーきイの
 ひたたアれをーオめしーーハイハイハイげにもーびびーしイく
 たちいイでたーアまうーーハイハイハイ。。。。。
。。。。。
さても源氏の
その勢いはハイハイハイ風にうそぶく
猛虎の如くハイハイハイ雲を望める
飛龍に等しハイハイハイ天魔鬼神も
恐れをなしてハイハイハイ
仰ぎうやまう
大将軍はハイハイハイ赤地錦の
直垂をめしハイハイハイげにも美々しく
立ちいで給うハイハイハイ。。。。。
。。。。。

時に平家の
大将軍はハイハイハイ勢を集めて
語りて曰くハイハイハイ去年播磨の
室山はじめハイハイハイ備中水島
ひよどり越えのハイハイハイ
数度の合戦
味方に利なしハイハイハイこれはひとえに
源氏の九郎ハイハイハイ知謀武略の
弓ひき故ぞハイハイハイどうぞ九郎を
討つべき知略ハイハイハイ
あらまほしとや
宣いければハイハイハイ時に影清
座を進み出でハイハイハイよしや義経
鬼神にてもハイハイハイ命すてなば
やすかりなんとハイハイハイ
主に最後の
暇をつげてハイハイハイ陸に上がれば
源氏の勢はハイハイハイあますまじとて
おめいてかかるハイハイハイ望むところと
悪七兵衛ハイハイハイ

太刀を抜き持ち
秘術を尽しハイハイハイ斬ってかかれば
たまりもあえずハイハイハイはむかいたる武士
四方へ逃げるハイハイハイ。。。。。
。。。。。


ドット笑うて
立浪風のハイハイハイ荒き折りふし
義経公はハイハイハイ如何にしつらん
弓取り落としハイハイハイしかも引潮
矢よりも早くハイハイハイ
浪にゆられて
遥に遠きハイハイハイ弓を敵に
渡さじものとハイハイハイ駒を浪間に
打ち入れ給いハイハイハイ泳ぎ泳がせ
敵船近くハイハイハイ

流れ寄る弓
取らんとすればハイハイハイ敵は見るより
船漕ぎよせてハイハイハイ熊手とりのべ
打ちかくるにぞハイハイハイすでに危うく
見え給えしがハイハイハイ